Home > 在宅医師

在宅医師

患者の自宅や集団住宅などに定期的に訪問する

最近では多くの人が入院よりも在宅での治療を望ませるということが多いです。そのため最近では在宅医師の需要も大変増えてきており、患者の自宅に行くことや集団住宅を見ることもありますし、更に最近では老人ホームも見ることが増えてきています。

在宅が増えている理由としては、入院代を出すことが難しいということもありますし、家に愛着があり老人などは死を迎えるときには自分の家で迎えたいという希望があるからなのではないかと思います。

こうした在宅医師というのは仕事内容はどういうことをするか疑問に思いますが、基本的には病院で働いている内容とあまり変わりません。定期的に訪問しての往診や投薬を行うことと、呼吸を行うことが苦しい人には酸素吸入など手術以外のことはすべて行っています。

病院とは違うところは、病院ですと大人数の患者の相手をしないといけないため一人と向き合う時間が少ないことがありますが、在宅の場合は一人に対して時間をかけることが出来るのが大きな違いであると思います。