Home > 産業医

産業医

医師が活躍する場所というと、病院やクリニックを思い浮かべる人が多いでしょう。
しかし、医師が働いているのは、何も病院やクリニックばかりではありません。企業の医師として、従業員の健康を守るという働き方もあるのです。

一般企業では、従業員の健康を守るために、様々な取り組みが行われています。
健康診断の実施や長時間労働者に対する面談、職場巡視、ストレスチェックなどのメンタルヘルス対策等、安全衛生に関する取り組みは多岐に及びます。
また、会社によっては医務室や診療所を備えているところもあり、医師が直接診察してくれるところもあります。
これらの様々な取り組みの中で、大きな存在となるのが産業医です。

産業医は、従業員が健康で安全に仕事に取り組むことができるよう、医師という立場で助言を行ったり、必要があると判断したときには従業員に対して残業制限を行ったり、
作業を実施する上で危険な箇所がないかどうか職場巡視を行ったりしています。これらの取り組みにおいては、保健師や看護師・人事担当者との連携が欠かせません。
周囲と連携して、病気や怪我の予防段階から関わることができるため、やりがいのある仕事であるといえるでしょう。
医師としての働き方を考える際、産業医という選択をするのもいいのではないでしょうか。