Home > スポット医師

スポット医師

ブランクを空かないようにしたり病院の掛け持ちなど、人気が高まってきている

最近ではスポット医師というものが増え始めていて、こうした働き方を選択する人が増えてきていて多くの方に人気があります。これは日雇いの仕事と同じような感じで、一日や二日などの短時間の勤務というようにされています。

主な仕事としては、代理診療や当直代理といったことろに健康診断や検診などの業務が多いです。そして、常勤や非常勤と違い手術などに関わることは出来ません。

このようなスポット医師が増えてきた理由としては、就業のブランクが関係あると思います。患者の大切な命を預かるということでブランクがあればあるほど技術の衰えも出てくるため、病院側も採用には踏み出しづらいです。そのため、こうしたものでブランクが空かないようしていきます。

あとは常勤や非常勤ですと他の病院の掛け持ちは難しいですがスポットなら掛け持ち出来るため、スキルアップや人脈拡大に繋がるため後で有利になってきます。そして収入が常勤などの方より高いことがあるため、独立資金を貯めるといったことでスポット医師をやる人もいます。