Home > 医師の労働時間

医師の労働時間

医師の労働時間は過酷なものとなってきている

医師の労働時間は一般的なサラリーマンに比べると、とても長いようなイメージを持っている人が多いものです。その理由としては至って簡単です。診察医として勤務している医師は病院が開いた時間よりも前には出勤しているはずです。

そして、診察時間が夕方までとなっている場合、普通に8時間は勤務していることになります。しかし、診察が終わってからも入院患者の定期健診をしたり、様々な研究をしたりすることもあるはずです。そうなってくると、一日のほとんどを病院で過ごしていることになります。

場合によっては、病院に泊り込んで寝ている時間以外は勤務時間にあてているという医師も居るかもしれません。実際に現代では圧倒的に医師の数が不足していることから、担当する患者数も多く、なかなか満足のいく治療や診察ができていないという現状です。これでは診ている医師の方が病気になってて倒れてしまいます。

こういったことがないように、勤務時間の見直しを図る病院も増えてきています。